上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NHK家的新闻发音清晰吐字清楚,听懂很容易,无聊之下尝试听写。你妹啊!听到现在才听写了33分钟46秒,中间还去了一段体育和一段模糊的电话连线。

崩溃中。
1

まず、大雨に関する情報です。活発な前線の影響で、東北と新潟県では、断続的に激しい雨が降り、昨日からの雨量が200ミリを超える大雨となっています。北アルプスの玄関口、長野県の上高地に通じる国道と県道で、土砂崩れが発生して、通行止めとなり、観光バス21台など、観光客らおよそ700人が帰れなくなりました。

この時間は、東北と北海道の日本海側を中心に、雨が強まっています。山形県や新潟県は昨日の降り始めてから雨量は多いところで200ミリを超える大雨となっています。北アルプスの玄関口、長野県の上高地へ通じる国道と県道では、午後相次いで土砂崩れが発生し、現場付近で通路止めになりました。この影響で、観光バス21台とタクシーが移動できなくなり、およそ700人が帰れなくなりました。観光客らは全員今夜は周辺のホテルなどに滞在することになりました。

観光客です:雨が強かったんですよね。風も強く、台風が来るような雰囲気で。

今回の大雨は被災地にも影響をもたらしています。岩手県陸前高田市では、震災の影響で地盤沈下しているところがあり、道路は数メートルにわたって水に浸かっている所もあります。およそ300人が暮らす福島県新知町の仮設住宅では、陸上競技場だった場所に、砂利を敷き詰めて住宅が建設されたため、側溝などがなく、大きな水溜りができてしまいました。また、仮設住宅の中では、湿気がこもり易く、町では換気扇のとりすけ工事が進めています。



今は北海道から東北奥部にかけて纏まった雨雲がかかています。東北奥部の日本海側、秋田県付近で雨雲が強まっています。一方、土砂崩れがあった長野県の上高地付近では、今は雨がしょうこう状態となっています。

そして今出ている警報です。秋田県と山形県に、大雨と洪水の警報が出ています。そして、大雨警報が岩手県の南部、宮城県の西部、福島県の合図地方、長野県の北部と中部、新潟県のかえつと佐渡、富山県の東部に出ています。大雨警報です。

そして、この雨なんですけど、梅雨前線によるものです。そして梅雨前線は今東北北部にかかっています。この後、明日にかけてゆっくり南に下がってくる見込みです。

今後の雨の見通しはどうなっていますか?

東北の日本海側では、これから明日の夕方にかけて、断続的に雷や突風を伴い、一時間に50ミリに非常に激しい雨が降る恐れがあります。前線が南に下がりますので、激しい雨の範囲も、朝の内は北部、昼ごろから南部へとは移って行きます。東北の太平洋側では、明日の昼ごろにかけて、局地的に一時間30ミリから50ミリの激しい雨が降る恐れがあります。また新潟県では、これから明日の夜にかけて断続的に激しい雨が降り、明日の夜になりますと、北陸の各県でも、非常に激しい雨が降る見込みです。また、長野県では激しい雨が予測されていませんが、所々で雷雲がある見込みです。

明日の夕方まで降る雨の量です。いずれも多いところで、東北の日本海側では250ミリ、東北の太平洋側では180ミリ、新潟県で150ミリと予測されています。被災地では、大震災以後、もっとも雨の量が増える恐れがあります。これまでの地震で地盤が緩んでるところがありますので、土砂災害に警戒してください。また、堤防などが傷んでいたり、地盤が沈下している地域では、川の増水や、低い土地への浸水にも注意が必要です。



次は、東京電力福島第一原子力発電所の事故にいてです。枝野官房長官が、原発の事故を受けて行った全国の海水浴場の水質検査の結果を明らかにし、この夏に開設される海水浴場では、いずれも泳いでも健康への影響がないと述べました。

枝野官房長官は記者会見で、福島の第一原発の事故をうけて、全国135ヶ所の海水浴場で行われた放射性物質の濃度を調べた水質の検査の結果を発表しました。

枝野長官です:135ヶ所のうち、1箇所を除く、全てについて研質限界以下、という結果になりました。泳いでも健康にはないと。

他の海水浴場よりも、比較的に高い濃度の放射性物質が検査された一箇所の海水浴場。福島県岩吉のナコス海水浴場は、この夏開設が予定されていないということです。

枝野長官は、福島県のほか、日本海側の新潟県、それに、宮崎県の海水浴場まで、きちゃんと検査がなされており、日本全国心配ないと判断してもよいと思うと述べました。

一方、環境省は、海や川で泳いでも問題がない放射性物質の濃度の指針をまとめ、公表しました。指針では、海水や川の放射性接収部の濃度が1リットルあたり、50ベクレルであれば、泳いでも問題がないとしています。環境省は7月と8月の2ヶ月間、小学生が毎日5時間泳いで、海や川の水を1リットル飲んだとしても、放射線の積算量は1年間に浴びても差し支えないとされる限度の1ミリシーベルトの10パーセント以下に止まるとしています。

その福島大原発では、汚染水の浄化装置で、汚染水が決められた通りに流れていなかったことが分かりました。配管のべんの設定が誤っていたためで、装置が設定されていた当初から誤った状態だったと見られています。

放射性物質を取り除く能力が本来の十分の一程度に下がっていた。アメリカ製の浄化装置。

東京電力が調べた結果、装置の一部で、汚染水が決められた通りに流れていなかったことが分かりました。汚染水は放射性セシウムを取り除く吸着塔と呼ばれている4台の内3台を通過させると決められていました。ところが、しまっているはずのべんの一つが開いたため、汚染水の一部は2台目と3台目の吸着塔を通過しなかったのです。なぜべんが開いていたのでしょうか。東京電力によりますと、手動で操作するべんの開くと閉じる位置を示す表示が逆になっていたためだということです。

東京電力の会見です。

開と閉の表示のほうが間違っていたので、閉にしたつもりでありましたけれども、開の状態になっていたということになります。

それはなぜ閉のはずが開になっていたでしょうか?

もともとこちらに関しましては、建設設置時に、ずれていたんではないと思っております。

東京電力は、今日午前0時45分ごろから浄化設備の試験運転を再開しましたが、おとといにも、別のフランス製の装置で例の設定ミスから運転を中断するなど、トラブルやミスが相次ぎ、本格的な運転再開の目処が立っていません。汚染水は原子炉への注水に伴って、現在も毎日400トンのペースで新たに発生しているほか、今後の雨によって、汚染水の水が上がるおそれもあり、東京電力の管理体制が問われています。

ところで、福島第一原発の事故の賠償の支払をめぐっては、今後和解の申し立てが相次ぐことも予想されます。このため、政府は法律の専門家を特別委員に任命して、和解の手続きを行う体制を許可することになりました。

福島第一原発の事故の損害賠償は文部科学省に設置した原子力損害賠償紛争審査会が損害の範囲などを定めた指針を作り、これを参考に手続きが進められます。審査会は、賠償を巡る交渉が拗れた場合に、裁判によらずに、和解を仲介する役割にもなっていますが、委員が国員にしかいないため、和解の申し立てが相次いだ場合、対応が難しいとみられています。このため、政府は弁護士や裁判官などの法律の専門家を新たに特別委員に任命して、和解の手続きをあたる事にし、近く政令を改正ことが決めました。文部科学省は、今回の事故の規模を考えると、今の体制のままでは、対応がむずかしい。弁護士や裁判官などの協力を得て、できるだけ早く被害の救済の解決につなげたいと話しています。



臓器移植をめぐって、現役の医師が逮捕されました。この医師は腎不全を患っていて、暴力団員に金を払って、自分に移植する腎臓の提供を受けようとした疑いがもたれています。

逮捕されたのは東京江戸川区でクリニックを経営している医師の堀内義信容疑者55歳と、住吉会計の暴力団員滝野和久容疑者50歳ら、合わせて5人です。警視庁の調べによりますと、堀内医師はおととし10月から去年4月にかけて、知り合いの滝野容疑者に1000万円も支払って、自分へ移植する腎臓の提供者探しを依頼したとして、臓器の売買を禁じた臓器移植法違反などの疑いがもたれています。滝野容疑者が臓器の提供者として医師に紹介したのは元暴力団員の坂上文彦容疑者48歳で、堀内医師は手術の予定日の前に坂上容疑者と養子縁組をしていたということです。臓器の生体間移植は原則として親族間に限って認められているため、親族間移植を装うためと見られています。しかし、滝野容疑者は1000万円のほかに、更に現金を要求したため、交渉は決裂し、移植は行われませんでした。堀内医師は、交渉が決裂した後、去年7月、愛媛県宇和島市の宇和島特修会病院で、20代の男性から腎臓の移植をうけたということです。警視庁は、腎臓の提供者が見つからない焦りから、専門知識を悪用して、暴力団員に仲介を依頼したとみて捜査するとともに、宇和島市での移植についても、実態を調べることにしています。

この事件ですね、医師が暴力団員に金を払って腎臓の提供を受けようとした疑いがもたれていますが、これどうみますか?

二つの点で悪質だと思いますね。その一つはですね、臓器移植法のルールを守るべき立場の医師が犯した疑いがあるということですね。日本臓器移植ネットワークに登録してる患者は先月の時点で12000人あまりいるんですが、なくなった方からの臓器の提供が少なくて、平成20年ネットワークを通して腎臓の移植を受けた方が200人あまり止まってるんですね。つまり希望しても移植を受けられない方が沢山いるというわけなんですね。そんな中で、医師が金で臓器の提供を受けようというのであれば、医療の倫理も違反される行為ですし、許されないと思います。

また、金で臓器を買うというこの行為自体にも問題があります。腎臓の移植の手術を待つ患者の中には、多額の費用を払って、海外で移植を受ける人もいますが、しかしですね、その海外ですね、貧困のために、腎臓を売買するケースがあって、金で臓器を買うという行為自体、弱い立場の人に臓器の提供を加わせることに繋がりかねません。

それから、二つ目の問題は、養子縁組の制度を悪用されたということですね。振り込め詐欺事件では、他人と嘘の養子縁組をして、戸籍上の名前を次々と変えて、犯罪に使われる携帯電話や、銀行口座を調達ケースが後を立ちません。このため、警察庁は、暴力団や詐欺グループが関係した組織犯罪の温床にもなるとして、インターネット上などで、不正養子縁組の斡旋をしているグループの摘発を許可しています。今回の事件、暴力団が絡んでいるということですが、どのような背後関係があるのか事件の詳しい経緯を今後の調査で明らかになってほしいと思ってます。



同時多発テロ事件から十年、オバマ大統領が、アメリカ軍のアフガニスタンからの撤退に向けた戦略、出口戦略を発表しました。今回の発表の狙いは何処にあるのでしょうか。

アメリカのオバマ大統領は、22日、ホワイトハウスで、来月から始まるアメリカ軍のアフガニスタンからの撤退について、テレビ演説を行いました。

オバマ大統領です:われわれはアフガニスタンで、タリパンに大きな打撃を与え、その拠点をつぶした。われわれは、約束を果たしつつある。兵士たちは祖国に戻ってくるだろう。

そして、アフガニスタンに駐留するアメリカ軍10万人あまりのうち、年来に一万人を、来年9月までには、おととし自ら増派をきめた兵量と同じ、3万3千人を撤退させることを明らかにしました。その上で、オバマ大統領は、アメリカはいま国内の再建に集中すべき時と述べ、今後はアメリカ国内の経済政策や雇用対策に力を入れてることを強調しました。

オバマ大統領の発表について、アフガニスタンのカルザイ大統領は、両国にとって、利益になる重要なステップであり、オバマ大統領の決断を支持すると述べて、歓迎しました。その上で、アフガニスタンの安定を国民自らの手によって、築かなければならないとして、アメリカ軍の撤退開始に伴い、治安維持の権限を担うことになる現地の軍や警察の育成に力を入れていく決意を示しました。

一方、反政府武装勢力タリバンは、声明を発表し、アメリカ国民に戦争終結に向けた、誤った希望を抱かせるものだとしています。その上で、アフガニスタンの危機を解決するには、全ての外国軍は、いますぐ撤退することであり、それがなさらなければ、われわれの武装闘争は日に日に激しさを増すだろうと警告し、アメリカ軍が完全に撤退まで、徹底抗戦を続けると訴えています。

さて村田さん、オバマ大統領が来年9月まで3万3千人の兵を撤退させると、具合的な時期、それから、その規模を明らかにしましたね。

その撤退するのは、アメリカ軍だけではないですね。イギリスのヘイグ外相は、22日、アフガニスタンを訪れまして、カルガイ大統領と会談して、駐留している1万人規模の部隊を、4年後の2015年までに、全て撤退する方針を発表しました。また、フランスのサルコジ大統領も、オバマ大統領と電話で会談している上で、23日、アフガニスタンに駐留している4千人のフランス軍の部隊を、アメリカ軍の撤退時期に合わせる形で、段階的に撤退させる計画を明らかにしています。こうした国際部隊の撤退に、アフガニスタンの国民からは歓迎する意見が多く聞かれる一方で、更なる治安の悪化を懸念する声もでています。

(中略)

オバマ大統領は来年の11大統領選挙の前に、自らが増派した兵力を撤退させることによって、その成果を強調することともにですね、テロとの戦いを終結にさせる姿勢を国民にアピールする狙いがあるということでした。それとともに、アメリカの対テロ戦略も大きく変わるであろうという話でしたね。一方懸念されるアフガニスタンの治安なんですけども、まだ6万8千人もの兵が残ると、その中から、最低限の兵力を残しづづですね、アメリカはアフガニスタン治安部隊を軍の指導のしたで、許可して、自分たちの力で治安を維持できるにしていこうという考えてるという話でした。9年余りに渡り長い戦争が今後大きな転換期を迎えることになりますが、アフガニスタンを安定させることができるかどうかは、タリバンなど反政府勢力との交渉にかかっていて、不安定な状況は今後も続くことになりそうです。



生鮮鰹の水揚げが日本一の宮城県気仙沼湖では、震災からおよそ3ヶ月半ぶりに、魚市場を再開しました。気仙沼湖は、津波に加えて、地盤が沈下するなど大きな損害を受けました。地盤を引き上げる復旧作業がおわり、およそ3ヵ月半ぶりに魚の受け入れを再開しました。当面は鰹を50トンまでを受け入れることにしていますが、鰹の北上が遅れているため、今朝は水揚げがありませんでした。

気仙沼湖漁業共同組合の熊谷博之部長です:一日はずれたということは、それほど悲しむ必要がないと。第一歩は今日からということですんで、今日は残念であっても、明日からの期待のほうが大きいかと思います。

魚市場では、水産加工会社などの受け入れ姿勢が整い次第、鰹以外の魚についても再開したいとしています。

つづく
Secret

TrackBackURL
→http://newseasonewself.blog66.fc2.com/tb.php/757-ae795da2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。